ラミネートの知識を深めたい人もこれからラミネートに挑戦してみたいって人でも誰でも大丈夫です☆

ラミネートの情報と知識ならラミネートフォース

ラミネートの特徴

ラミネート袋は、ラミネートする材質によって色々な機能性を付けることが可能です。いろいろな組み合わせでラミネートをして、各用途に合った構成で製造し、使われているのです。構成により、真空パックを 行う場合などはラミネート商品で制作されています。真空状態を保つ期間などや、真空状態の程度により構成が変わり、コストも変わってきます。また、空気、 湿気、光などをラミネート構成により遮断する事が可能です。厚みの変更だけでなく、構成内容により強度を出すことが出来るのです。

ラミネートは、一番内側に必ずシーラント材と言うものを利用します。シーラント材と言うのは、ヒートシールの出来る物を指していて、LDPE、CPP、OPP(ホットメルトタイプ)を使います。通常は、違う材質をラミネートする事により、強度やバリアー性を出しているのです。現在は、ラミネート方法としてドライラミネートが多く利用されているのが特徴です。

 

蒸着加工とは

アルミ蒸着フィルムとは、その独特の輝き、ガズバリヤー性、遮光性が得られることから、アルミ箔に変わる素材として、食品包装用途を中心に近年需要が増大した素材と言えます。蒸着(Vacuum Metallizing)とは、アルミなどの金属化合物を、高真空下で加熱蒸発させ、その粒子(分子)を基材に固着させる技術であり、真空蒸着法による乾式メッキ法の 一種でもあります。また、蒸着されたフィルムをVMフィルムとも呼び、包装用途の他に、衣料用の金銀糸、装飾用、コンデンサー、建材用などにも利用されて います。基材としては、紙、セロハン、PE、CPP、OPP、PET、ONY、PC、PVCなどのプラスティックフィルムがあり、メタライジングする金属 物質としては、アルミ(Al)、金(Au)、亜鉛(Zn)、ニッケル(Ni)、シリカ(Si)など様々です。

包装用途の機能性についてご説明しますと、耐湿用、耐ガス透過用、保香用、光線遮断用、帯電防止用、美観用(金属化や色彩)などの機能を備えています。透 明蒸着品には、光線遮断機能は透明なので必要ありません。透明蒸着を行なう場合は、シリカ(Si)又は酸化アルミ(アルミナ:Al2O3)を使用します。 シリカ蒸着・セラミック蒸着は、わずかに褐色であるものがあるが、ほぼ無色になっています。

 

透明蒸着

現在の透明蒸着は、ほとんどの物がPET蒸着品となっています。これからは、 ONy、OPPなどにも使われて来る事でしょう。透明蒸着フィルムの問題点は、アルミ蒸着の場合は少ないのですが、吸湿によるクラック(ヒビ割れ)発生の 問題がある事です。しかし、蒸着面に樹脂コートしたものはクラックの問題を抑える事ができます。それに、PET蒸着とONY蒸着では、ONY蒸着の方がク ラックが発生しやすいです。また、透明蒸着は、吸湿によるクラックが発生しやすくもあります。

ラミネートは何故厚みのバラツキが少ないかと言うと、ラミネートに使用する材質の多くは、Tダイ方式という製造方法により製造されているのですが、Tダイ方式では、厚みのバラツ キが少ないためラミネートをする場合にも、問題が発生しにくくなります。理由としては、製造方法の違いが大きな原因と考えられますが、Tダイ方式で製造し た物は、厚みや幅などのバラツキが無く、平面性の良いフィルムが仕上がります。そのため、加工が行いやすいのもラミネートの特徴のひとつなのです。Tダイ 方式は、シート状での製造と成っているため、チューブ状で製造する事は出来ません。インフレーション法は製造時は全てチューブ状ですが、空気を使い厚みと 幅などを調整しているため、厚み、幅、などのバラツキが起こりやすくなってしまいます。

pickup

スカルプD

最終更新日:2017/8/18