ラミネートの知識を深めたい人もこれからラミネートに挑戦してみたいって人でも誰でも大丈夫です☆

ラミネートの情報と知識ならラミネートフォース

ラミネーターの選び方

ラミネーターには様々な種類がありますが、選ぶポイントとしては、大きく分けて4種類あります!!

1,価格  2,能力(電力)  3,能力(構造)  4,耐久、省エネ(重さ)

価格

購入のご予算を最初に考える方が多いですが 運用コストまで含めて総合的に考えるといろいろな価格のラミネーターがあるのがわかると思います。

価格の安い機種は 運用にコツが必要な場合があり、失敗する場合が多くなります。コツをつかめば 安い機種で運用することも可能です。

大きな機種は一般的に高価になります。名刺やプライスカードだけしかやらないところでもA3対応の大きな機種を選ぶことが多いです。その訳としては、小さな機種で一枚一枚処理するより大きな機種で一気にラミネートする方が結果的に経費削減に繋がるからです。

どうしてもスペースが取れないという方以外は、大きな機種を購入する方が、正直お得です。数枚しかやらないなら機器を買わずにアイロンでラミネートすることも出来ます。

 

能力(電力)

ラミネーターは、アイロンのような電熱器ですから、ワット数の大きいのが早く立ち上がります。60Wと1000Wの機種があり、60Wだと使えるようになるまで10分ほど掛かりますが、1000Wの場合だと約1分です。

80ミクロンや100ミクロンだとワット数の差はあまり分かりませんが 150ミクロンより厚いフィルムだと差がはっきり出ます。厚いフィルムを多用される方はワット数の高い機種を選択した方がいいでしょう。

 

能力(構造)

プレート式ラミネーターは安価ですが、写真や光沢材をラミネートすると気泡が出来ることがあります。写真や光沢紙をラミネートするには、ロールヒーター式のラミネーターを選びましょう。

 

耐久、省エネ(重さ)

ラミネーターはアイロンのように電熱の周りに重い熱の固まりがあってそれで保温しているので重い方が省エネです。ワット数の高い機種では安全基準を満たすために重くなってしまいます。
モーターやトランスなどは、重さ=安全、高価、頑丈です。

軽いラミネータやワット数の小さなラミネータ大き目のフィルムや厚めのフィルムをラミネートするとき温度が下がり 前半と後半の仕上がりが違ったり、温度が再度上がるまで次の作業を待つことがあるようです。

check

コロリー

最終更新日:2017/8/18